鉱山に関わった人物

鉱山に携わった人物

■大島 高任(おおしま たかとう) (1826〜1901)
 南部侯待医、大島周意の長男として生まれ、長じて江戸、長崎で蘭学を修め、後に水戸藩の反射炉、製鉄溶鉱炉を建設しました。
 慶応2年小坂銀山が藩営になると製錬所の建設、戊辰戦争後の官営時には鉱山正権として熔鉱炉や英国式分銀炉を設けて洋式製錬を始め、南部家経営を経て、2次官営時にはオーガスチン法を実施して銀の生産を上げ、そして藤田組への払い下げに際しては、小坂鉱山局長として指導にあたりました。
 退官後は日本鉱業会長を務た、我が国の鉱業界の大恩人です。
■クルト・アドルフ・ネットー(Curt A.Netto) (1847〜1909)
 ザクセンのフライベルク(現ドイツ)に生まれ、同地の鉱業大学を卒業。
 一時軍に服しましたが、日本政府に招かれて、鉱山冶金技師として小坂鉱山に赴任(明治6年12月〜明治10年6月)。
 阿部知清、笹木他三郎等の協力で我国最初の湿式製錬(銀はチャフォーゲル法、銅はハント・アンド・ダグラス法)を実現しました。
その後東京大学教授(明治10年10月〜明治18年2月)として我が国の鉱業近代化に寄与した功績は大きく、また水彩画を多数残しています。
 
■藤田伝三郎(ふじた でんざぶろう)
 天保12年(1841)-大正元年(1912)
  伝三郎は天保12年(1841)、酒造業を営む藤田半右衛門の四男として、南片河町に生まれました。若くして醤油醸造業を経営しましたが、多くの志士に交わり、家業をなげうって尊王攘夷運動に奔走しました。のちに高杉晋作に従い、奇兵隊にも加わっています。
 維新後は、わが国の商工業発展のために尽力することを決意し、大阪で軍靴製造をはじめました。明治9年(1876)、藤田鹿太郎・久原庄三郎の2人の兄と共に藤田伝三郎商社を設立、のち藤田組と改称して、鉱業を中心とする財閥として発展しました。明治18年(1885)には大阪商法会議所会頭となり、関西財界の指導者として活躍しました。大正元年(1912)没、享年72歳。
■久原 房之助(くはら ふさのすけ) (1869〜1965)
 山口県萩市の生まれで、慶應義塾本科卒。
 明治24年藤田組に入社して小坂鉱山に赴任、明治30年29歳で事務所長心得となりました。
 当時の小坂は土鋼が少なくなって閉山の運命にあったのを、銀山から銅山として復興させるため、多くの人材を集めて黒鉱製錬に打ち込み、33年遂に黒鉱の自熔製錬に成功、今日の基礎を築きました。
38年藤田組を退社して日立鉱山を経営、久原鉱業(後の日本鉱業)、日本汽船等を創設、また、政界に入って政友会総裁、逓信大臣を務めました。
■小平 浪平(おだいら なみへい) (1874〜1951)
 栃木県都賀町合戦場の生まれで、東京帝国大学工学部電気工学科を卒業しました。
 明治33年藤田組入社、小坂鉱山の電気主任技師として、水路・変電所・発電所・電気鉄道・電灯設備などの建設、鉱山と地域社会の近代化に貢献しました。
 明治37年に日立鉱山に移り工作部門で活躍され、後に日立製作所を創設しました。
 
■武田 恭作(たけだ きょうさく) (1867〜1945)
 明治30年藤田組大森鉱山(島根県)から精鉱課長として来山し黒鉱製錬の研究、32年に技師長として欧米を視察、33年に黒鉱自熔製錬法に適した開頂式熔鉱炉の開発に成功、38年に特許(第8553号「双外床式長形熔鉱炉」、第8628号「無蓋式長形熔鉱炉」)を得ました。
 明治37年に3代目の小坂鉱山所長となりましたが、翌年藤田組を退社し、武田鉱業本店(後の大日本鉱業)を創設、椿鉱山(現秋田県八森町)や加納鉱山(福島県)を経営しました。
小坂まちづくり株式会社

 
【康楽館 Kourakukan】
〒017-0202
秋田県鹿角郡小坂町
小坂鉱山字松ノ下2番地
TEL.0186-29-3732
FAX.0186-29-3219
 
小坂まちづくり株式会社
〒017-0202
秋田県鹿角郡小坂町
小坂鉱山字古舘48-2
TEL.0186-29-2821
FAX.0186-29-5526

────────────
観光業
────────────
【開館時間】
年末年始の休館日を除き、
毎日午前9時〜午後5時
【休館日】年末年始

 

9
1
8
7
8
8