本文へ移動

「常打芝居」

康楽館「常打芝居」とは・・・

明治の芝居小屋康楽館では毎年「下町かぶき組」による常設公演を、期間中1日に2回公演から多い月には3回公演行っております。老若男女問わずお楽しみ頂ける構成ですので、通年たくさんのお客様にご来場頂いております。また、シーズン中には全国各地から修学旅行生も訪れます。
館内(桟敷席)は飲食自由です。(ただし、お持ち込みはお断りしております。)
康楽館の幕の内弁当(ご予約制)やそば処(おそば、うどん)等々、そのまま桟敷席でお召し上がりになれます。一世紀を経て、今もなお現役の芝居小屋康楽館の「常打芝居」是非ご観劇ください。
※劇団の入れ替えや特別公演によって休演日もございますので、パンフレットをご確認ください。
※外部からの飲食物のお持ち込みはご遠慮願います。

お芝居・舞踊ショー

 
 芝 居 (時代劇) 

江戸や明治時代背景の人情芝居や、鬼気迫る剣劇。笑いあり涙あり、目の前で行われる生の芝居に引き込まれます。
 
 舞踊ショー 

康楽館ならではの回り舞台や切穴(すっぽん)など、舞台装置を使った舞踊ショーに感動!懐かしい曲や最新の曲を取り入れた構成になっております。

『松井 誠』 監修

松井 誠  監修
人情娯楽時代劇&豪華舞踊ショー
明治の芝居小屋を下町かぶき組が駆けめぐります!
『松井誠 監修・指導』による、大衆演劇の伝統を踏まえながら現代風にアレンジした芝居と華やかなショーが特徴です。大衆演劇のニューウェーブとして「全国各地から高い評価を得ています。

松井 誠
「生きる博多人形」「長谷川一夫丈の再来」と評され、立ち役・女形共に演じ、かつ舞うことの出来る今世紀の演劇界を背負う役者の一人。
19863月、25歳の時に劇団誠を結成。時代に促した新しい娯楽劇 -今は亡き長谷川一夫丈の舞台、すなわち質の高い芝居と舞踊華絵巻をより現代的、より大衆的にしたステージの創造を目指している。

 

2020年度「康楽館常打芝居」日程

【明治の芝居小屋・康楽館】
〒017-0202
秋田県鹿角郡小坂町
小坂鉱山字松ノ下2番地
TEL.0186-29-3732
FAX.0186-29-3219

【小坂鉱山事務所】
【明治百年堂】
〒017-0202
秋田県鹿角郡小坂町
小坂鉱山字古館48-2
TEL.0186-29-5522
FAX.0186-29-5526

【小坂鉄道レールパーク】
〒017-0202
秋田県鹿角郡小坂町
小坂鉱山字古川20-9
TEL.0186-25-8890
FAX.0186-29-2002

【小坂七滝ワイナリー】
〒017-0203
秋田県鹿角郡小坂町
上向滝ノ下22
────────────
観光業
────────────
 
1
1
9
0
3
5
8
小坂まちづくり株式会社
TOPへ戻る