小坂鉱山事務所(鉱山資料館)

小坂鉱山事務所(国重要文化財)

小坂鉱山事務所門

レンガ造りの門。社名が最初は「小阪」になっていました。

レンガの水路

桜に覆われたレンガの水路・・・。

正面入口のポーチ。

イスラムのデザインを用いたバルコニーがルネッサンス様式と見事に調和しています。

満開の桜に包まれた館・・・。

北東北で最後に咲く桜の名所・・・周辺には約200本の桜並木が見事に咲き乱れます。

らせん階段は・・・3階まで続く。

3階まで伸びる1本の秋田杉の丸太を中心に珍しい木のらせん階段がつづきます。

イスラム風のバルコニー

この透かし彫りのデザインの中に「藤田組」の社名が彫り込まれています。

当時、すでに鉱山の中を電車が通っていた。

水力発電所や電気機関車などを手がけた電気技術者が・・・後に日立製作所の操業者でもある小平浪平でした。

ライトアップ・・・黄金の館。

かつて日本一の鉱山を象徴する建物でした。

建物は・・・鉱山日本一の象徴。

木造3階建ての建物は、ほとんどが天然秋田杉を使っています。

クルト・ネットー・・・日本の鉱山開発技術者の父。

明治時代から始まった鉱山開発の技術者は、みんなこの方の教え子なのです。

明治期に上水道が完備。

この時代にインフラがすでに整っていたとは・・・驚きです!

明治初期の小坂町は、まだ江戸時代。

明治に入っても小坂は江戸時代の風貌でした。

気分は明治期の・・・貴婦人!

レンタルドレスが約120着・・・館内はどこでも絵になります!

お問合せ先

明治小坂のシンボル 小坂鉱山事務所(国重要文化財)
〒017-0202 秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館48-2
TEL 0186-29-5522  FAX 0186-29-5526
小坂まちづくり株式会社

 
【康楽館 Kourakukan】
〒017-0202
秋田県鹿角郡小坂町
小坂鉱山字松ノ下2番地
TEL.0186-29-3732
FAX.0186-29-3219
 
小坂まちづくり株式会社
〒017-0202
秋田県鹿角郡小坂町
小坂鉱山字古舘48-2
TEL.0186-29-2821
FAX.0186-29-5526

────────────
観光業
────────────
【開館時間】
年末年始の休館日を除き、
毎日午前9時〜午後5時
【休館日】年末年始

 

9
8
1
2
4
6