出演者・プロフィール

中村芝翫

八代目 成駒屋
昭和40年8月31日生まれ。七世中村芝翫の次男。昭和45年5月国立劇場『柳影澤蛍火』の吉松君で本名で初舞台。昭和55年4月歌舞伎座『沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)』の裸武者石川銀八ほかで三代目中村橋之助を襲名。平成28年10・11月歌舞伎座『熊谷陣屋』の熊谷直実ほかで八代目中村芝翫を襲名。名女方で知られた父に対して、四代目芝翫以来の「立役の芝翫」として、一層の飛躍が期待されている。

中村橋之助

四代目 成駒屋
平成7年12月26日生まれ。中村芝翫の長男。祖父は七世中村芝翫。平成12年9月歌舞伎座『京鹿子娘道成寺』の所化延念坊と『菊晴勢若駒(きくびよりきおいのわかこま)』の春駒の童で、初代中村国生を名のり初舞台。平成28年10・11月歌舞伎座『熊谷陣屋』の堤軍次ほかで、四代目中村橋之助を襲名。二枚目役のほか、勇壮な荒事や舞踊の大役にも挑戦し存在感を発揮している。

中村福之助

三代目 成駒屋
平成9年11月13日生まれ。中村芝翫の次男。祖父は七世中村芝翫。平成12年9月歌舞伎座『京鹿子娘道成寺』の所化喜念坊と『菊晴勢若駒(きくびよりきおいのわかこま)』の春駒の童で、初代中村宗生を名のり初舞台。平成28年10・11月歌舞伎座『一谷嫩軍記』熊谷陣屋の伊勢三郎ほかで三代目中村福之助を襲名。大役に挑む機会も増え、父の薫陶のもと着実に成果をあげている。

中村梅玉

四代目 高砂屋
昭和21年8月2日生まれ。義経などの貴公子役をはじめ二枚目を得意とする立役。六世中村歌右衛門の養子となり、昭和31年1月歌舞伎座『蜘蛛の拍子舞』の福才で二代目加賀屋福之助を名のり初舞台。昭和42年4・5月歌舞伎座『絵本太功記』の十次郎と『吉野川』の久我之助ほかで八代目中村福助を襲名。平成4年4月歌舞伎座『金閣寺』の此下東吉と『伊勢音頭』の福岡貢で四代目中村梅玉を襲名。

片岡秀太郎

二代目 松嶋屋
昭和16年9月13日生まれ。女方の重鎮で上方の情緒と色気のある美しさに定評があり、『伊勢越道中双六 沼津』のお米や『封印切』の梅川が当たり役。十三世片岡仁左衛門の次男で、父の相手役も数多く勤めてきた。“つっころばし”のような和事系の立役でも後輩に手本を示す。昭和21年10月南座『吉田屋』の禿で本名で初舞台。昭和31年3月大阪歌舞伎座『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名。

中村吉之丞

三代目 播磨屋
昭和42年3月31日生まれ。敵役からおかしみのある役柄まで幅広くこなす立役。昭和56年4月中村吉右衛門の部屋子となり、歌舞伎座『元禄忠臣蔵』吉千代ほかで中村吉男を名のる。平成6年4月三代目中村吉之助と改め歌舞伎座『勧進帳』『熊谷陣屋』の四天王で名題昇進。平成7年9月二代目中村吉之丞の芸養子となる。平成28年9月歌舞伎座『一條大蔵譚』の八剣勘解由ほかで三代目中村吉之丞を襲名し幹部昇進。

中村梅花

四代目 京扇屋
昭和25年9月25日生まれ。昭和49年国立劇場第二期歌舞伎俳優研修修了。
4月国立劇場『妹背山婦女庭訓』の腰元ほかで本名で初舞台。昭和50年4月七世中村芝翫に入門し、中村芝喜松を名乗る。平成3年4月歌舞伎座『野崎村』下女およしほかで名題昇進。成駒屋一門のベテラン女方として、時代物、世話物問わず幅広い芸風で活躍、平成28年10月歌舞伎座『女暫』の局唐糸ほかで四代目中村梅花を襲名し幹部昇進。
【明治の芝居小屋・康楽館】
〒017-0202
秋田県鹿角郡小坂町
小坂鉱山字松ノ下2番地
TEL.0186-29-3732
FAX.0186-29-3219

【小坂鉱山事務所】
【明治百年堂】
〒017-0202
秋田県鹿角郡小坂町
小坂鉱山字古館48-2
TEL.0186-29-5522
FAX.0186-29-5526

【小坂鉄道レールパーク】
〒017-0202
秋田県鹿角郡小坂町
小坂鉱山字古川20-9
TEL.0186-25-8890
FAX.0186-29-2002

【思い出の学校カフェ】
〒018-5511
秋田県鹿角郡小坂町
十和田湖字大川岱45-1
TEL.0176-75-2808

【小坂七滝ワイナリー】
〒017-0203
秋田県鹿角郡小坂町
上向滝ノ下22
────────────
観光業
────────────

小坂まちづくり株式会社

1
0
4
4
3
4
6
小坂まちづくり株式会社